シンプルライフかわうそ.29

未経験でwebデザイナーに転職した、かわうそ顔の男が運営してます。シンプルライフを目指したい。

行ってよかった!DODA転職エージェント初面談の準備と内容

f:id:may29kh:20181115002709j:plain

どうもこんばんは!管理人のかわうそ29です。※10月23日後日談を追記・リライトしました

今日は転職でお悩みの皆さんに、 転職で最初の一歩、エージェントさんに会いに行ってきた話を伝えたいと思います。

服装分からん!準備できてない!転職のビジョンもない!敬語できない!マナー分からない!など何かと不安ですよね・・・ちなみに僕が利用させて頂いたのは、大手転職サイトのDODAです。

実際に面談してみて、これからの転職の進め方もよく分かりました。何よりしっかりと僕の話を聞いて下ってこと、転職を成功させるという着地点は外さずに、具体的で親身なアドバイスをして下さって、本当に嬉しかったです!ぜひ参考にしてみてください。

感想は最高!話しやすいし、めっちゃ話聞いてくれる!

f:id:may29kh:20181114000614j:plain

率直な感想・・・めっちゃいい人!美人!しかもプロ!めちゃめちゃ良かったです!!!

直前までどんな服装でいったらいいかなぁとか、ぜんぜん転職のビジョンできてねぇ~とか、何話したらいいんやろう・・・とか、マナーなんて全然分からない・・・とかかなり不安でしたが、本当に行ってよかった!

アドバイス内容は具体的でやっぱプロだなと思いましたし、何より担当して下さった方がすごく親身で、僕の話をめちゃくちゃ聞いてくれて優しくて信頼できる!!ってなりました!

話しやすいし、美人やし!何が良かったか、もう少し具体的に書いていきますね。

準備物

f:id:may29kh:20181111171736j:plain

服装は社会人らしい服装なら私服でも問題ない!

僕は綺麗目なジーパン、セーター、コートにブーツとOUTな格好で突撃しましたが、休日の方も多く面談に行くので、最低限社会人らしい服装していれば全く問題なし!

もちろん仕事帰りらしき人はスーツでしたが、ショップ店員らしき女性は、本当に普通の普通の服装で来られてました。

職務経歴書は必須だが・・・持っていかなくても何とかなった

一応ルールとして、事前に職務経歴書をアップロードしておく必要があるみたいです。

準備してもらったほうが、初回の面談から具体的な職務経歴書の書き方のアドバイスなどができるとのこと。

そりゃあそうですよね。もちろん僕はアップロードせずに行きましたが、簡単な経歴書みたいなものは持っていきました。

当然履歴書もあるにこしたことはないけれど、メインは職務経歴書です。バイトじゃないからね。転職だから!

筆記用具、クリアファイル、かばん

f:id:may29kh:20181111171836j:plain

書類や資料を頂くので、かばんはA4サイズのファイルや書類が十分に入るものがベスト!ぼくはショルダーバックでいったので紙袋貰ってそこに入れて帰ってきました!!

後は当然筆記用具。名刺も頂くので、名刺入れもあったほうがよいかな!

到着~面談まで

f:id:may29kh:20181112002040j:plain

面談を予約すると場所や時間などがメールで案内が来るので、それに従っていくだけです!

会社に入ると受付で名前を確認されるので、『何時で面談を予約して頂いておりましたかわうそ29と申します!』と挨拶しました。

すると、『突き当りを右の○○番の部屋でお待ちください。机の上にアンケートが置いてありますので、記入してお待ち下さい。』と言われ、部屋に向かいます。

待ち時間

めっちゃ悩みました。3つです。

  1. まず部屋の扉が空いていたので、入室してから閉めていいのかどうか。だって今から担当の方が入ってくるの分かってて閉めるべきか?いや開けとくのもおかしいか?どっちが正解なんだー!!
  2. 上座のイスだけが引かれていて、ここに座ってくださいといわんばかりの主張。でもこれって本番の面接マナー的なところでは、絶対下座に座るべきだよな・・・どっちなんだー!!
  3. コートをかけるハンガーを使うべきか否か。全部がトラップに思えて、正解が分かんないやんけーーー!!

そんな不安は担当者さんの気さくさで吹き飛びました笑

面談

f:id:may29kh:20181110225006j:plain

まずは簡単に自己紹介をしました。お茶かコーヒーかどっちがいいか聞かれ、コーヒーで!とお願いし、面談スタート!

めちゃくちゃ緊張して汗だくで恥ずかしかった・・・

転職希望時期の確認

まず最初に確認されたことは希望転職時期でした!

希望する転職時期によって、今このタイミングでやるべき準備や行動が変わるから!と言われました。

僕の場合は7月に転職先の企業で働きたい旨を伝えました。今の会社の期末が6月なので、キリ良く辞めてボーナスも貰いたいから!笑

転職希望時期から逆算。必要準備をすり合わせ

f:id:may29kh:20181114000602j:plain

転職希望時期がそのタイミングだと今は転職活動するには早すぎるねということになりました。

僕の場合は、2月3月でポートフォリオ作成と書類関係の作成!んで、4月5月に内定貰っときましょう!それで有休消化して、そしたら7月1日での転職が現実的になりますね!って話になりました!

これがベストな流れらしいです。

リアルな転職事情の把握

ここからは実際に転職する上で、戦略的な部分も含めて、まず転職のリアルなデータを知っときましょうという流れです。

僕は結構ここでビビッてやばい!!ってなりました。まぁ結局そのあとダラダラするわけですが・・・

書類通過率は高くて10%(未経験web業界の場合)

f:id:may29kh:20181112002130j:plain

まず書類選考について。同業種の転職だと、おおよそ23%の書類選考通過率とのこと。4社に1社ですね。もちろん、通るクオリティの職務経歴書と履歴書を準備できた上での話です。

そしてそして・・・僕のような未経験職種への転職だと、おおよそ10%の通過率。なので、1社の面接受けるには、10社に応募しないといけないですね・・・

マジで!?いやいやいや・・・マジで!?やばいやん!!!ってなりました。10社に1社って、関西・webデザインで仕事探したら、30社しか出てこないし、その中に未経験者OKなんて1社もないぞ・・・終わった・・・

理想は10社受けて2社採用

ビビりまくりの僕に、美人エージェントは畳みかけてきます。10社面接して、2社受かれば十分ぐらいの確立ですかね~!

もう僕は、いや、そもそも、面接までいけるか分からんし・・・10社受けるとか・・・みたいな息してる??大丈夫??ぐらい心配されるテンションです。

内定出たら即答が基本

f:id:may29kh:20181110225318j:plain

そしてさらに、内定出たら長くて1週間以内で返答しないといけない、とか。

だから、多社の内定が出る期間を自分で同じ時期にできる限り調整して、選択肢を増やすほうがいい。とか。

そのためには、同じ時期に多くの企業に同時に応募したほうがいいよね。とか。

A社に受かったけど3日後までに返事しないといけない!でも第一志望のB社の面接が4日後!あと3日A社の回答期限を延ばしてほしい!それでもしB社に受かったらB社に行きたいし、ダメならA社にいきたい!

そういった通常のWEB上の転職サービスだけでは不可能な企業間との調整は、直接繋がりがある我々エージェントならできるんですよ!

ポカーン( ゚д゚)ポカーンでしたが、とりあえず、職務経歴書の通過率がカギを握ることだは理解できました!

最後に

f:id:may29kh:20181110230430j:plain

『繰り返しになりますがとりあえず、2月3月でポートフォリオ作成と書類関係の作成!んで、4月5月に内定貰って6月は有休消化!場合によってはすぐ入社になるかもしれませんが、この流れが7月1日での転職を実現するための黄金ルートなのは間違いないです!お疲れさまでした!!』

はー終わったー!30分早かったなー・・・

『あれ?ところで今日は書類関係って何も持ってきてもらってないですよね?』

あ、一応簡単な経歴書ならあります・・・

ちょっと早く言ってよ!!見せてください!!!

あ、お願いします・・・

これが後の僕の担当者さんへの絶大な信頼に変わっていきます!

心を掴まれたエージャントさんからの衝撃の一言!!

f:id:may29kh:20181110225230j:plain

まぁ僕の場合は転職希望時期が半年先だったので、まぁ今準備する必要もないよねってことで、衝撃の一言!!

正直かわうそ29さんの場合は、転職の流れや、志望業界の話をさらっと30分ぐらいで終わらして早く次の仕事をしたいと思ってました。さっき見せてもらった簡単な経歴書を見るまでは!

ななな!!僕はどうやら簡単な説明だけでさらっと終わらす流し仕事の対象だったようです。経歴書を見るまでは・・・

WEBデザイナーへ転職希望を伝えた

そんなこんなで30分ほど過ぎ、面談終わりかけになって経歴書をぶんどられました。サーっと目を通して開口一番。グサッとくる質問が来ました。

なんで働きながらそこまでしてwebデザインの学校通って勉強してるんですか?

直球!!踏み込んだ質問が来ました!でも僕は受けて立つ!!待ってました!!と言わんばかりに、話したくなる!!だから正直に全部話したんです。

40年以上かけて働くからには、おもしろいって思えることで仕事をしたかったこと。だからサッカーを軸に就活をしていたこと。それしか思いつかないレベルの低さだったこと。その先に今の会社への入社があること。失敗したけど。

今の仕事がおもしろくないこと。それは職種が販売業という自分に不向きな仕事であるから。そこを考えた結果、PCを触ること、その時間つまりwebが小さい頃から好きなことを生かしたいって思った。だからパソコンを使ってできる仕事をしたいって思ったこと。

その結果webデザインに興味を持って、デジハリでwebデザイナーのコースを受講して8ヶ月学んだこと。将来的に、webというスキルを使って、サッカーに関わる仕事をすることが現状の夢であること。

 全部、洗いざらい今思っていることを話しました。

その夢応援したいと言ってくれた!

f:id:may29kh:20181114000634j:plain

どんなこと言われんのかなー。厳しいとか言われんのかなーと思っていました。

無茶苦茶に話してしまったので、ドン引きされたやろなぁ感じていたのですが、想像を超える反応をして下さいました。

『それってめちゃくちゃ良い夢!しかも転職することで叶う可能性が高い!!すぐには無理かもしれんけど、フリーランスでそういう仕事を作れる可能性もあるし、それこそ頑張って有名になれば、企業側からオファーが来ることもあると思うよ!!』

『だから、スキルを得るっていうために、目標のためにはやっぱり転職したほうが、かわうそ29さんのためにとってもいいことだね』

『こういう瞬間のために、この仕事したいって思ったんです!就活の時に、何がしたいか分からなかったからこそ、一緒に就活する友達の夢や目標は本当に応援できたから、この仕事しかないって思って今があるんです。』

僕はこの時、この担当者さんに出会えて本当に良かったし、これは頑張らなあかんなと思ったんです。

こんな形で自分が好きな仕事に出会って、仕事を通じて人を救ってるんだなぁと思うと、凄すぎて!

こういう風に、自分の仕事が好きだと、次の仕事ではそんな人になりたい!と思ったんです。

特別対応?

f:id:may29kh:20181111110731j:plain

なんか僕は特別対応してくれることになったみたいです。

通常、最初に面談をした担当者は必ず別の担当に変わることになっている仕組みらしいのですが、僕の場合は、ぜひ一緒に転職活動を頑張っていきたい!何とかしたい!とのことで、このエージャントさんがずっと担当して頂けることになりました。

加えて、ここだって企業がもしも見つかったら、DODA以外でもいいから、その時はすぐにそこを受けること!そしてそのことを私に話すことを約束してほしいと言われました。

なんていい人なんだ!!!

WEB業界へ未経験で転職を目指すにあたって

f:id:may29kh:20181110225653j:plain

最後に未経験職種への転職の場合の職務経歴書の書き方を教えて頂きました。

前業種の話は転職先企業には異業種で細部は伝わらないので、大まかにどんなことをやっていたかを書く程度でよいとか。

それよりも、僕みたいなITやWEB業界であれば、具体的にどんなソフトが使用できて、どんな言語を学習したのかを書いたり、ポートフォリオを充実させること、自分がどういう人間で、どういう性格の人間なのかを考えて伝えることを意識してくださいとか。

つまりスキル面と、内面や人間性をいかにアピールするかを考えたほうが良いとアドバイスを受けました。

面談時間は通常30分~1時間だけど、けっこーオーバーした

最終的に1時間をオーバーする面談になってしまいました。

僕は本当に嬉しくて、転職頑張るぞーって思えました!そもそもの面談内容も、具体的に数字で書類選考率を示してくれたり、業界に合わせて職務経歴書や履歴書をチューンしてくれたり、面接~採用スケジュールを調整してくれたり、転職成功を望むなら、利用して損は絶対にしないと思いました!無料やし!

f:id:may29kh:20181111171908j:plain

個人的な熱が入ってしまっている部分は多分にあると思うので、みなさんは冷静に判断して、利用の参考にしてみてくださいね!

※後日談

f:id:may29kh:20181112002049j:plain

結局、僕はリクナビnextにも登録していて、こちらはエージェント利用はしてないのですが、企業側からダイレクトにオファーが届いて、面接を受けたら、即採用を貰ってしまいました。

その場に社長も出てきてくれ、僕は徹夜してまでも準備をして面接を受けたいって思った会社だっただけに、即答で入社を決めてしまいました。

そしてそれが転職活動で最初で最後の面接でした。結果として、webデザイン・webコーダー・プログラマー・webマーケティング、それぞれの領域に携わることのできる仕事を選ぶことができました。

今回出会った担当者の方は、初回の面談以外にも3回ほど面談で、指導や応援をして頂きました。

面接などなくても、1週間に1回は悩んでないかとか、行き詰ってないかなど電話で聞いて下さりました。

また、現会社への入社が決まったことを、面接終わりに一番に電話をかけたのですが、その時も経営状況やビジネスモデル、給与や待遇面を確認したか、長期的に見ても安定していて、僕の将来の目標達成が可能な企業なのかを心配してくださいました。

しっかり説明すると納得していただき、転職前の準備期間におすすめの本を最後に紹介して下さいました。本当にお世話になりました。

 

友だち追加